ホーム‎ > ‎イベント‎ > ‎

そんなに身近ナノ? 市民目線で扱い方を考えよう

テーマ
私たちの身の回りにあるナノ物質の管理について
開催日時  2013年6月22日(土)10:00~15:00 (開催時間は目安です)
会場   京都大学総合博物館 1階ロビー (週末こども博物館の隣)
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/modules/event/content0337.html
対象  どなたでもご参加いただけます。
定員
 なし
内容 「ナノテク」は非常に小さなスケールの材料加工技術であり、今や自動車のタイヤやレーザープリンターのトナー、窓ガラスのコーティングなどにも使われています。今後も様々な製品への応用が期待されますが、一方で、ナノ粒子が人体や環境に与える影響はまだよくわかっていません。ナノ物質をどう管理すればいいか、消費者や一般市民の目線でさまざまな可能性や課題をみなさんと考えてみたいと思います。
備考
イベントへの事前登録や参加費は不要です(ただし、博物館への入館料は必要)。
問い合わせ PESTI事務局
E-mail: pesti[at]icems.kyoto-u.ac.jp ([at]を@に変更してお送りください)